トップ

二重まぶたの整形手術

生まれながらの一重まぶたで、パッチリ二重に憧れる人は、日本には少なくない。そういう人が二重になるためには、やはり整形手術の運びとなる。人工的に二重を作る方法として、アイプチという器具もある。しかし科学の進歩は偉いもので、必ず切開しなければならない時代ではなくお手軽な方法も増え、また、昨今のプチ整形ブームで、敷居はどんどん低くなっているのが現状である。グローバル化により海外旅行が珍しくなくなり、ましてやお隣の美容大国である韓国への渡航が容易になったという部分も見逃せないだろう。では、一重を二重にするにはどのような手術を受ければいいのか。
まずは切開である。切開とはまぶたにメスを入れるやり方であり、一般的な手術のイメージそのものである。まぶたを切開し、簡単に言えば折りたたみ、縫合するのである。切開するので、術後の後遺症も比較的長引く恐れもある。また、コストの方も両目で30万円以上かかることもあり、あまり手軽に、というわけではない。
手軽といえば埋没法である。これはまぶたに細い糸を当て、まぶたの皮膚をへこませるのである。そこからラインを作り、縫合するのだ。切らない分、負担は少ないし、やり直すことも可能だ。値段も比較的安価となっており、昨今の主流となっている。