トップ

6.美容クリニックで目もとエステ

目もとエステという言葉を頻繁に耳にするようになりました。目もとは、年齢がもっとも現れる場所ともいわれます。 スチームや振動などで、目もとのアンチエイジングができる美容家電も登場していますし、エステやクリニックでも目もとケアをおこなっています。ぜひ効果の出るお手入れをして、若々しい瞳まわりをキープしましょう。

たとえば美容クリニックでおこなわれているのが、サーマクールというラジオ波を使った治療法です。「切らないフェイスリフト」とも呼ばれ、目元のたるみやシワとりに高い効果が期待できます。ラジオ波が肌の真皮層に熱を与えて、コラーゲン産生を促進。自然なハリがよみがえるでしょう。また、まぶたの脂肪とりも広くおこなわれています。上まぶたに乗った脂肪は、二重のラインに沿って少しだけ切開し、そこから脂肪を除去します。下まぶたの場合は、メスを使わず、まぶたの裏から除去することも可能です。二重まぶたの切開法でも、脂肪とりができますので、腫れぼったい一重に悩んでいる人は、ぜひ相談してみてください。

その他、目の下のクマも大きな悩みの1つ。くぼみによるクマの場合は、ヒアルロン酸注射によってピンポイントで解消することができますし、血色の悪さによる場合は、ラジオ波とダイオードレーザーを合わせた「ポラリス」なども効き目があります。自宅でのケアに加えて、プロによる施術もとり入れてみると、より効果的な目もとエステができるでしょう。